目次  MOBOTIXオンラインヘルプ

言語とエントリー画面

言語とエントリー画面 を開き、ブラウザがカメラに接続したときのカメラ側の動作を設定します。エントリー画面、言語、ページのオプション、カメラのウェブサーバのポートを修正することができます。

エントリー画面の選択

ブラウザがカメラに接続するときのエントリー画面を選びます。

オプション

説明

ゲスト画面

ゲスト 画面はカメラの現在画像を表示します (フレームレートは低減している可能性があります、 ページオプション参照)。カメラの設定は変更されません。ただし、画像の更新レートは一時的に変更されます。

ユーザー名とパスワードが3つのアクセスレベル (adminuserguest) すべてに設定されている場合、不正なアクセスからカメラを保護するため、この画面は ユーザ名とパスワード 画面のエントリー画面として設定します。

ライブ

ライブ 画面はカメラの現在画像を表示します。カメラはライブ画像の左側にソフトボタンを表示します。画像上部のドロップダウン メニューで一定の画像パラメータを変更することができます。管理者用機能へのアクセスはパスワード保護されています。

このページは出荷時設定のスタートページとして設定されています。

再生画面

再生 画面は保存したイベント画像を再生することができます。イベントは保存場所(内蔵RAMまたは、外部ファイルサーバ)に関係なく自動的に再生されます( 外部ファイルサーバ / フラッシュデバイス参照)。

マルチビュー

マルチビュー 画面は、複数のカメラやイベント画像を1画面上に表示します。画面を構成していくには マルチビュー画面 を開きます。

Multiwatcher

Multiwatcher 画面は、複数のカメラ、最新のイベントおよび各カメラのアラームリストを表示します。また、音声通知やアラーム確認を表示します。

カメラの Multiwatcherは複数のカメラからの画像を表示し、これらのカメラの プロキシ 機能として使用することができます。これは、ファイアウォールやルータの裏側での機能に特徴があります。ポートを 1つ開くだけで、外部から Multiwatcherカメラへアクセスしたり、表示しているカメラのイベントを確認することができます。

PDA

PDA 画面はカメラの現画像を低解像度の機器に表示させます(PDAや携帯電話など)。

PDAイベントリスト

PDA イベントリスト は保存したイベントの概要をリスト形式で表示します。低解像度の機器向きです。

画面のデザイン

ブラウザでカメラのユーザーインターフェース画面を表示するときの 背景画像 を選択します。 画像ファイルの管理 画面を使用して、カメラに読み込まれた任意の画像ファイルを指定できます。URL(ユーザのウェブサイトなど)から読み込まれた画像ファイルは背景画像には使用できません。

画面オプション

このセクションではカメラの画面を表示するオプションを設定します。

オプション

説明

言語

ユーザインターフェース用に使用する言語を選んでください。

画像プルダウンメニュー

ライブ 画面のプルダウンメニューの表示/非表示。

これらのメニューはよく使われるパラメータで素早くシステム設定するために利用されます。

ゲストアクセス用リフレッシュレート

ゲスト画面の最大及びデフォルトの更新レートを設定する。

設定はライブ画面の更新レートには影響 しません

注記

カメラモデルにより、ブラウザの最大フレームレートは 1 fpsに制限されます。

ユーザアクセス用リフレッシュレート

ユーザアクセス向けの最大およびデフォルトの更新レートを設定する ( ライブ 画面)。

注記

カメラモデルにより、ブラウザの最大フレームレートは 1 fpsに制限されます。

表示方法

ブラウザでカメラから画像を取得する方法を選択する。

  • JavaScript:指定したフレームレートでカメラから画像を読み込むために、ブラウザでJavaScriptを実行します。この操作モードはJavaScriptに対応したすべてのブラウザで使用できます。

  • サーバプッシュ:カメラは1つの画像ストリームでブラウザに画像を送信("プッシュ")します。この操作モードはすべてのNetscapeタイプのブラウザで使用できます(Netscape、Mozilla、Firefox)。

  • Java:ブラウザでJavaアプレットをダウンロードして実行すると、カメラの画像を表示できます。この操作モードは他の方法が利用できない場合にのみ使用してください。

  • ActiveX:WindowsコンピュータでInternet Explorerを使用している場合、統合されたActiveXのプラグインを使用します。他の機能強化のためのオプションに加えて、ActiveXのプラグインを使用すると、カメラのマイクロホンで録音されるリップシンクの音声を聞くことができます。詳細は MOBOTIX カメラのライブ画面 をご覧ください。

プレビューボタン

プレビューボタンを ゲストライブプレーヤー ページで表示するかどうか選択します。これにより、すべてのブラウザがプレビュー画像保存のために、容量と帯域幅の節約を要求します。

ウェブクローラの制限

このパラメータを使用することで、ウェブ検索エンジンや、別の自動ロボットおよびウェブクローラのカメラブラウザスキャニングを防ぐことができます。検索エンジンがカメラ上で画像やページを見つけても索引を付けません。予めクローラを使用する場合は、追加のセキュリティリスクや、クローラ起動により生成されるネットワーク負荷を理解してください。


システム設定値の保存

設定 ボタンをクリックすると、次にカメラが再起動するまでの間、設定内容が保存され有効になります。

出荷時設定 ボタンをクリックして、このダイアログに工場出荷時設定値をロードします (このボタンはすべてのダイアログにはありません)。

リストア ボタンをクリックすると、カメラに永久保存される前の直近の変更が元に戻ります。

閉じる ボタンをクリックするとダイアログが終了します。ダイアログを終了している間、システムは設定全体に変更があるかどうか確認をします。設定に変更が検出されると、システム設定値を永久に保存するかどうか確認されます。


© 2001-2018 MOBOTIX, · http://www.mobotix.com/