目次  MOBOTIXオンラインヘルプ

ユーザ名とパスワードの管理

ユーザ名とパスワード ダイアログを使用して、カメラへのアクセスを許可するためのユーザ名とパスワードの管理が可能です。The グループアクセスコントロールリスト ダイアログにより、 後のグループと該当するアクセス権を作成および編集できます。

ユーザ名とパスワードのルール

注記

注意

ダイアログを工場出荷時設定に再設定する場合、このダイアログのオプションだけでなく、 グループアクセスコントロールリストのオプションも再設定させません!工場出荷時設定に再設定した後、ユーザ名とパスワードを入力するように要求してきた場合、ユーザ名は admin 、パスワードは meinsm を入力してください。

新規ユーザを作成

新規のユーザを作成、またはユーザを変更する場合は同じパスワードを2回入力する必要があります。これはパスワードが一致するかどうか確認するためです。

管理者 グループにユーザが最低1つ存在しなければなりません。管理者グループの 管理者 ユーザ (パスワードは meinsm) は、カメラの工場出荷時設定された管理者です。

グループの設定

ユーザグループの変更には、新しいパスワードの入力は必要ありません。

工場出荷時設定により、3つのグループが予め設定されています (admins、 users、 guests)。これらのグループのアクセス権は グループアクセスコントロールリスト ダイアログで管理できます。このダイアログにより、新規グループの作成および既存のグループの編集が可能です。

ユーザは undefined(未定義) グループを割り当てても良いです。これによりユーザを一時的に停止したり、グループを作成する前にユーザを作成できます。このグループのユーザは アクセス権を持てません。

グループが グループアクセスコントロールリスト ダイアログで削除されている場合は、削除されたグループに割り付けられた全ユーザは undefined(未定義) ユーザに割り付けられます。

ユーザの削除

削除したいユーザの後にある Remove オプションをアクティブして、ダイアログの下部にある Set をクリックします。

注意

ユーザ名、パスワードおよびグループを設定し終わると、カメラの永久メモリにその設定を保存してください。システム設定がカメラの永久メモリに保存されていないと、削除した全ユーザ名やパスワードは 次回カメラが再起動されたときに有効になります!

公的アクセスからのカメラの保護

不正アクセスからカメラを保護するために以下の手順を実行してください。
  1. 全ユーザ、パスワードおよびグループ (グループアクセスコントロールリスト ダイアログ) の再設定を行う場合、出荷時設定を読み込むと便利です。

    注意

    この場合、 管理者 のユーザのパスワードが meinsmに再設定されます!

  2. 管理者 ユーザのパスワードの変更を確認してください!

  3. グループアクセスコントロールリスト ダイアログの 公的アクセス 行の全チェックボックスのチェックを外して無効にします。

  4. 必要なユーザグループ ( グループアクセスコントロールリスト) およびユーザを作成します。

スケジュールされたアクセスコントロール (監督者)

スケジュールされたアクセスコントロール ダイアログから、カメラから特定のユーザグループへのアクセスを制限したり、制限された仕事環境で制御することができます。詳細は、 スケジュールされたアクセスコントロール "監督者」 のヘルプ画面を参照してください。

スーパー PIN

管理者 (Admin) パスワードが出荷時設定、または現在のスーパー PINに対応しているスーパー PINを変更する場合、管理者 (Admin) パスワードは新しいスーパー PINに適合するものに変更されます。


システム設定値の保存

設定 ボタンをクリックすると、次にカメラが再起動するまでの間、設定内容が保存され有効になります。

出荷時設定 ボタンをクリックして、このダイアログに工場出荷時設定値をロードします (このボタンはすべてのダイアログにはありません)。

リストア ボタンをクリックすると、カメラに永久保存される前の直近の変更が元に戻ります。

閉じる ボタンをクリックするとダイアログが終了します。ダイアログを終了している間、システムは設定全体に変更があるかどうか確認をします。設定に変更が検出されると、システム設定値を永久に保存するかどうか確認されます。


© 2001-2018 MOBOTIX, · http://www.mobotix.com/